借入

月々の返済額は?

お金を借りる際に知っておかなければならない事は、月々の返済額です。

 

お金を借りる時って「借りたい!」って思いが強くなってしまうため、どうしても返済の事まで考えが回らなくなってしまう事もあるんですが、返済額が月々いくらぐらいになるのか知っておくことが重要です。

 

返済日にお金が足らずに返済できない…なんて事になってしまった場合は、更にお金を借りて返済するか、返済できずに延滞⇒ブラックリストに掲載…、なんて事になってしまう可能性もあります。

 

このようにならない為にも、月々の返済がいくらになるのかしっかりと把握してから借入するようにしましょう。

 

返済額が少ないところを探す

月々の返済額はなるべく少ないほうがいいですよね。ちゃんと毎月返済していくためにも、返済額が多ければ多いほど返済できなくなる可能性が高くなってくると思いますので。

 

借入する額や金利などによっても月々の返済額は変わってくるんですが、金融機関によっても基本的な返済額の設定が変わってきます。

 

なので、出来るだけ月々の返済額が少ない設定となっている金融機関を利用するのがおすすめとなっています。

 

大手のカードローンで5万円・10万円・30万円、借りた時の月々の最小返済額について表にしてみたのでご覧下さい。↓

 

  ローンサービス名 残高5万円 残高10万円 残高30万円
三菱UFJ銀行 1,000円 2,000円 6,000円
プロミス 2,000円 4,000円 11,000円
アコム 2,100円 4,200円 9,000円
みずほ銀行 10,000円 10,000円 10,000円

 

比較結果

銀行の「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」、消費者金融の「プロミス」「アコム」の月々の返済額を比較してみたところ、三菱UFJ銀行のカードローンが一番低い額になっていました。

 

5万円なら1,000円、10万円なら2,000円、30万円なら6,000円を月々返済しておけば大丈夫って事ですね。

 

この額であれば、万が一返済時期にお金がなかったとしてもどうにかなりそうな感じがします。返済額が少ないと完済するまでに期間も長くなるのでは?って思ってしまうかもしれないですが、そうではありません。

 

お金に余裕があるときは最小返済額以上を返していく事も出来ますよ。なので早く完済したいといった時は、多めに返済してくといいでしょう。

 

消費者金融のプロミスやアコムの場合も、10万円までの残高であれば比較的低い返済額となっていますね。5,000円以内となっているので、これなら月々の負担も少なく返済していく事が出来そうです。

 

みずほ銀行の場合は、少額の借入額であっても1万円といった返済額になっているので、ちょっと負担が大きい感じがします。

 

なので、お勧めとしては「三菱UFJ銀行」「プロミス」「アコム」って感じになると思います。

 

銀行カードローンの場合は審査時間もちょっと長くなってしまう可能性があるので、時間に余裕がある場合は三菱UFJ銀行のカードローンバンクイックに申込する。

 

≫三菱UFJ銀行の申込み(クリック)

 

急ぎでお金を借りたいといった場合は、即日融資が可能となっているプロミスもしくはアコムに申込する。といった感じがいいと思います。

 

≫プロミスの申込み(クリック)
≫アコムの申込み(クリック)