借入

過払い請求後・債務整理後の借り入れについて

過払い請求や債務整理をしたという人も多いと思います。過払い請求も一時期ほどは減ってきましたが、今でも多くの人が過払い請求を利用しています。

 

過払い請求後

まず過払い請求後の借り入れですが、ローン会社に電話して聞いてみると、過払い請求をしたことがある人でも問題なく利用できるとのことでした。

 

過払い請求したからといって、ブラックリストにのるというものではありません。

 

基本的に過払い請求というのは、払いすぎていた利息を返してもらうという行為となっています。一時期よく耳にしたグレーゾーン金利といったやつですね。

 

グレーゾーン金利とは?

利息制限法に定める上限金利は超えるが、出資法に定める上限金利には満たない金利のことをいいます。

 

過払い請求されたローン会社は嫌かもしれませんが、過払い請求した債務者の方は全く悪いことはしていません。払いすぎた利息を返してもらっただけですもんね。当然の権利を行使したまでです!

 

ですので、過払い請求をしたことのある方は、何ら悪い事はしていません。どちらかといえば払わなくてもいい利息を支払っていたぐらいなので、優良な利用者だと言えますよね♪

 

なので、過去に過払い請求をした方でも問題なくカードローンなど申込する事ができ、借入することが可能となっていますよ。

 

新たに借入申し込みする際は、出来るだけ大手の金融機関に申込するのがお勧めです。もうグレーゾーン金利は廃止されているので、昔みたいに過払い請求するような事も無いんですが、中には違法な金融機関もあります。

 

またトラブルになるのも嫌だと思うので、プロミスやアコムなどといった大手の金融機関を利用すれば間違いないかなと思います。

 

≫プロミスの申し込み(クリック)
≫アコムの申し込み(クリック)

 

 

債務整理後

次に債務整理後の借り入れに関してですが、債務整理後の場合はすぐにはお金を借りれないです。

 

債務整理とは?

借金を減額したり、支払いに猶予を持たせたりすることにより、借金のある生活から解放されるための手続になります。
基本的には、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」という4つの手続があります。

 

債務整理をした場合は、過去の借金を全額返済できていないといった事になります。そのため、信用情報機関にその情報が登録されてしまいお金を借入することが難しくなってしまうんです。

 

いわゆる、「ブラックリストに掲載されてしまう」といった事になります。このブラックリストに記載されている間はローンなどでお金を借りる事が出来ません。

 

もし、債務整理後すぐに借りれる業者があったとすれば、かなり高い確率で怪しい悪徳業者の可能性が高いです。ですので、基本的に債務整理後は諦めておいた方がいいです。

 

では、どれくらいすれば借りる事が出来るのか?ということになりますが、大まかな目安ですが5年ぐらいと言われています。

 

ただ、5年以内でも借りれたという方もいるので、一概には言えません。

 

5年以内であったとしても、ちゃんと長く仕事を続けていたりすれば、借りれる可能性は出てくるケースもあるみたいです。審査に関しては各社で違う部分が多いですので、だいたい3年以上ぐらいたっているのならば審査に申し込みしてみるといいでしょう。

 

消費者金融と銀行ならば、どちらかといえば銀行の方が審査が厳しいと思いますので、消費者金融の審査にまず申し込んでみるのがいいかなと思います。

 

ただ、確実に借りれるわけではないので、過度な期待はしない方がいいかもしれないですね。